企業がコミュニケーション力を要求するワケ

学生の就職活動において採用されるかどうかの大きな決め手となる能力として、コミュニケーション力というものが問われます。企業が学生に求める能力としていちばんに挙げられる能力であり、今や就職には不可欠な能力として学生または企業の間で認識されています。どうして企業はこうしたコミュニケーション力を求めるのでしょうか。

そもそも円滑な企業活動のためにはコミュニケーションは不可欠なものと考えられているのであり、どのような職種に就いたとしても関係各所との折衝は重要な仕事として認識されているからです。プロジェクトチームを組んで働くという機会も多く、チーム内の活発な議論のためにもコミュニケーションは欠かせないものとなります。また、とりわけ営業職では商品をわかりやすく顧客に説明する能力が求められたり、あるいは顧客の懐にうまく入り込むコミュニケーション力も必要になってきたりします。特に、商品がより高度化、複雑化している現代においては、相手がどのようなニーズを求めているのかというヒアリングの能力も要求されるようになります。そして、そもそも人間関係の巣窟である職場においては、コミュニケーションがうまくいかないと仕事が上手に回っていかないという事情があります。上司や部下との関係もうまく構築していかなければなりません。これらの関係性を円滑にしていくための潤滑油として、コミュニケーション力が求められているというわけなのです。

いかに人とコミュニケーションが取れるか、それが大事